ホノルルリアルター協会(HBRHonolulu Board of REALTORS)によると、「4月のオアフ島の販売状況は、戸建ての販売戸数は前年同月比で2.7%減少したが、コンドミニアムは4.2%増加。中間価格(Median Price or Median Sales Price)は、戸建てが前年同月比で19.1%上昇して1,105,000ドル、コンドミニアムが13.3%上昇して510,000ドルになった」そうです。

アメリカ本土では価格の上昇率がスローダウンする傾向がみられるとのことですが、ハワイは慢性的な在庫不足ということもあり、未だ衰えが見えないようです。

 

ハワイ州内の戸建て・コンドミニアムの最新の販売状況が掲載された『マーケット・アップデイト』、不動産情報、政治、経済、ライフスタイルなど幅広いトピックスが掲載された『ハワイ・マンスリー』など、不動産に関する最新情報は、アロハエクスプレス161号でご紹介したリアルターの一棟多代さんのホームページでチェックできます。

https://tayoichimune.com/newsletter/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事